2006年05月11日

『燃ゆるとき』

燃ゆるとき.jpg

『燃ゆるとき』 ★★★☆☆

団塊の世代からすればそりゃ憧れるわな、というサラリーマンを中井貴一が、そのままのイメージで熱演。どれだけ叩かれようと、どれだけ苦難に立たされようと、どれだけみっともなかろうと、自分の信念を、自らの会社を、自ら信じたものを、信じ通す。どんな状況であろうと、中井貴一演じる企業戦士・川森は彼自身の髪型のようにまったく崩れないので半ばフィクションのよう。ただ、フィクションで良いと思う。中途半端に現実的であればあるほどに、それこそ周りを見渡せばいくらでも見つけることができるだろうから。

ボリュームある原作を、それこそ映画で取り上げられるカップ麺の製造よろしく、シンプルに無駄を排除した。コストダウンを目指すよう、無駄を削ぎ落とし、世界に挑む日本企業の現状を十分に見せ付けた上で、個人の物語として成立させる離れ業。多少、研磨されすぎて味気ない部分もあるが、それを補うのが個性豊かな役者たち。彼らもまた、川森同様に、苦難に多々され苦渋の選択を迫られようが、仲間を信じることを止めようとしない。
反発やぶつかり合い、一時的な諦念はあろうとそれは常に人を信じていく過程のひとつに過ぎない。馴れ合いとは違う、日本企業の家族的な繋がりを色濃く反映させている。
それは日本人同士の繋がりだけに収まらない。
とことん。徹底して見せつけられる。
もっとも顕著で分りやすく、裏表がないのが、川森たちがコストダウンの中でも品質を落としてはいけないと、麺を揚げるオイルにこだわる件。ラテン人気質溢れるアミーゴオイル社長と打ち解ける場面など、昔の日本映画に、近い場面をいくらでも見つけることができるだろう。彼ほど単純にはいかないが、川森のマネージャーである、サマンサ・ヒーリー演じるキャサリン、スティーヴン・クライヴス演じる会社の顧問弁護士ライアルなどもその渦に巻き込まれるわけだが、これはもう必然というより、世界を舞台にした現実社会の夢物語を構築するに欠かせないパーツとしての役割。キャサリンのエピソードなど全てを繋げる位置まで昇華されている。
また、伊武雅刀、長谷川初範、中村育二、木下ほうか、鹿賀丈史、津川雅彦、…これだけの曲者たちが一致団結する姿を見るだけでも希少的価値があるってもんじゃないか。
posted by やすゑ at 23:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 (ま) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。