2006年05月06日

『寝ずの番』

寝ずの番.jpg

『寝ずの番』 ★★★★★

なぜこんなに下ネタ満載で、不謹慎であるのに、下品なイメージに結びつかないかが不思議。個人への底知れぬ愛、関西弁、何よりそれ以上に、作る側がとことん楽しんでいる雰囲気が、多少はあるだろうやましさも、つい覗き見てしまう誘惑に負けてしまうからだろう。立場とすれば、親戚の末端という故人との関わりがほとんどないものの、何をすれでなくも毎回毎回寝ずの番の末端に居座っている、蛭子能収演じる田所と変わりがない。結局、作り手としても明確に観客を巻き込んでしまう意味で彼を据えているのだろう。

作品としては三部構成。導入に木村佳乃演じる、噺家の嫁・(ポルターガイスト)茂子の独壇場とも言える活躍。ほか全て寝ずの番で語られるエピソードで撮りきってしまう潔さ。
ピークとしては前半、長門裕之演じる稀代の噺家・笑満亭橋鶴師匠のお通夜ですでに来てしまう。映画というか、物語る鉄則を意図的にではなく、自然と破っているが、これも導入の茂子の活躍から、師匠のお通夜までの流れがとことん面白いから。
後半は、本作を語る上で顕著な哀楽のうち、哀にどちらかというと流れる。楽を思い切り楽しんだあとに、哀を含んだ人情味溢れる物語。もちろんトッピングとして楽を忘れない。
特に、三回目のお通夜で突然登場する、堺正章演じる鉄工所の社長(故人たちとの関係は映画を観て確認されたし)と、中井貴一演じる噺家のひとり・橋太との歌合戦は見応え、聞き応え十分。上品な私(…)からすれば分からない言葉もあれど、観客の心の大合唱も取り込んで、勢いでそのままクライマックスの合唱へと流れ込んでしまう。
合唱での、現世、あの世入り乱れた映像に心躍る。これは意図的に仕掛けられた遊びであるが、明確なところで故人が自らのお通夜に登場し場をさらう。が、特に遊び心が溢れるのは、師匠のお通夜、不謹慎ながら笑わずにいられない故人を支え起こしての、らくだのかんかん踊り。予告編でも流れているのでこれに惹かれ足を運んだ人も多いのだろうが、故人もいつの間にか踊りだすほどの可笑しさ。周りのサポートで踊っているように見えるのでない。本当に踊る。こうした映画でしか成立し得ない寓話的映像に、センスを感じる。と同時に、私が映画に対しもっとも惹きつけられる理由。

品が良い。とは言わない。でも下品では間違いなくない。振り幅を存分に意識しながらこの間を確実に外さない、生来の監督センス。
本作を観れば分かるとおり、テレビの流出はありえない。(放送禁止用語の数が半端でないので) まあDVDで鑑賞することは可能だろう。けれど、映画館という暗闇の中で、スクリーンの中にいる彼らとともに、観客もが一体になって醸し出す空気は変えがたい。そのことを強く意識させる極上の一品。
ぜひ、劇場にて。
これを逃すことこそ、もったいない。それこそバチが当たる。
posted by やすゑ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 (な) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。