2006年05月21日

『陽気なギャングが地球を回す』

陽気なギャング.jpg

『陽気なギャングが地球を回す』 ★★★☆☆

「何事も本気で楽しめるのは最初の10分」とは、某喫茶店マスターの言葉だが、本作も言葉そのままが当て嵌まる。
10分経ち、物語が一応の落ち着きを見せたら原作との差異、粗探しのスタートラインだ。そう思うことに自分自身嫌気がさすのではあるのだが…。
成瀬、響野、雪子、久遠…4人の陽気なギャングらが集結することとなった、とある銀行での事件。当時は加害者でなく、被害者。「俺たちならもっとうまくやれる」とばかり、(映像として)続けざま早々とスタイリッシュにおこなわれる銀行強盗。
原作で一気に読書に引きこんだ響野の演説は本作において一転、陽気なギャングたちの特殊能力紹介へと変わる絶妙な構成。
そのおかげで原作にある響野の、一貫しつつ脈略のない「記憶」に関する演説の魅力は損なわれるのだが、そのことも補って余りある、冒頭一気に淀みなく(多少の拙さはあるが)作品世界を紹介してしまう妙技には唸らされる。
併せ、成瀬、響野、雪子、久遠ら小説世界、二次元の世界の住人たちが一気三次元世界に映像として現出する興奮! 世界を回すは陽気なギャングたちで、今、我々の世界も彼らを中心に回っている。そのことを実感できる喜び。

ただ、そこまでである。我を忘れて世界に存分浸かれるのは。
映画と小説(原作)は別物。
過去に幾度となく、幾人もの人たちが使い、もはや使い古された言葉だ。ここは先人の言葉を尊び、以降、原作との差異から生じる不満をこぼすことはよそう。

本作における鍵は、どれだけ軽妙に、かつ洒脱に、ポップにコンパクトに軽快に一連の事件、及び付随する事象を淀みなく一気、語れるかどうかだ。
作中、放たれた銃弾がスローモーションで回転していく様をうっとりと眺めやり、銃弾に刻まれた文字にニヤッとさせられる場面があるが、それこそ本作に求められるもの、ある意味で凝縮。
ウェイトが恋話に流れることで、そこだけ他のテンションや時の流れと違い、緩やかにかつ落ち着いたものであることは気にならない。本作においては箸休めのようなもの。
だが、しかし。
なぜに心が躍らないのだろう。
彼らの起こす一連の騒動…四人の集結から始まり、裏切り、ワナ、演説、伏線、騙し合い、丁々発止な会話、どんでん返し、大円団と、構成の妙で一気見せなきゃいけないくだりが、あまりに雑然としているからに他ならない。一応はひとつひとつ仕掛けられたワナのような伏線を置いてはいるのだが、基本的に説明もしきれていないし、結実するものがあまりに杜撰。
例えば、車(グルーシェニカー)の扱い、あれほどに使えそうに登場しておいて、少なくとも、最後のラブパートのクライマックスの伏線となる銃弾ほどに役に立っていないのは解せないし、納得できない。
また、二転三転と主導権を奪い合い、果たして最後に誰が握るのかというクライマックスで怒涛のよう押し寄せる伏線の重なりはもう少し整然とはできなかったものか。あれでは観る側も、はたして誰が主導権を握るのかと予想する楽しみよりも、そのシーンに何が内包されているのか全て分かっている者(作り手)の傲慢、もしくは過信しか見えない。
杜撰な映像説明によって、最後、得られるカタルシスは求めようと望む半分にも満たない。
全てを見通せれていることからくる過信が全て。
話が入り組んでいるからこそ、語るべきものには念入りに取捨選択をし、構成していくべきであるし、それをコンパクトに、洒脱に見せようとするのは、次だ。

最後に。
「ロマンはどこだ」
うるさい。何度も何度も繰り返させるな。
【関連する記事】
posted by やすゑ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 (や) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18176831

この記事へのトラックバック

劇場『陽気なギャングが地球を回す』
Excerpt: 監督:前田哲 出演:大沢たかお、鈴木京香、佐藤浩市、松田翔太ほか。 ふっげえ面白かった。佐藤浩市ってこーゆーのもイケるんですね。知り合いにこのキャラそっくりなひと(スーツではなくアロハを着てるとき限定..
Weblog: 映画ダイエット
Tracked: 2006-05-24 12:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。