2006年05月08日

『転がれ!たま子』

たま子.jpg

『転がれ!たま子』 ★★★★☆

自分の中では『ビッグ・フィッシュ』に連なる作品だと思っているのだけれど…。
人を喜ばせようと、自らが楽しくあろうと作り上げた御伽噺の典型。
ただし、御伽噺とはいえ、ニートだ、人間的成長だ、と現実的側面、流行側面、映画的側面も含んだ形として成立しているのはしょうがない。いや、むしろたいしたことだ。
けれど、個人的には成長譚として捉えたくない。捉えない。成長はドラマを成立させるための付加要素としてあるのであって、たま子の愛すべき人生の一端でしかない。そこから何かを学ぶことはできる。感じることはできる。でも、そんなこといいじゃないか。『ビッグ・フィッシュ』で親子愛以前に、親父の大法螺話に心躍らせたように、たま子の愛すべき人生を覗き見た喜びに身を浸したい。
言ってしまえば、たま子を取り巻く、(たま子のいないところでの)騒動はさほど興味がない。面白おかしくしようという、もしくは物語を進めるための後押しの意図が透けているので興醒めしてしまう。

たま子のキャラクターが秀逸。
実際に間違いなくあり得ない(よね?)のだけれど、演じる山田麻衣子の愛らしさも相成って見ていて楽しくなってしまう。微細な表情で演技させようとするでなく、大胆に分かりやすく演技させているのが正解。冒頭、基本としてある不幸顔のせいで、職場の男性が言うよう「よく見れば美人だけれどブス」ってのが、そのまんま受け入れてしまえる。
キャラクターもそうだけれど、たま子の関わる多くにおいて振り切れているのが作品世界を御伽噺として成立させている要因。明らか。だからこそ、鉄兜も、甘食への、弟子入りへの熱い思いも、転機前の極端な閉鎖世界も、転機の予兆となる幻想も許せてしまう。逆に、割に現実的な面が見えたりすると「おや?」と思ってしまうのだけれど。
総じて、ひとつひとつは奇形でも作品としては納まりが良い。良いけれど、奇形は奇形のままであることを望む自分も、多分にいる。

ちなみに、たま子の小学生時代を演じるのは坂野真弥。『茶の味』の彼女だ。二枚目だね。
posted by やすゑ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 (か) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。