2006年05月07日

『LIMIT OF LOVE 海猿』

海猿2.jpg

『LIMIT OF LOVE 海猿』 ★★★★☆

監督曰く「どんな新しい要素を入れ込もうと考えた時、TVシリーズで全てやり尽してしまった感じがした。(中略)最終的に「1」とまったく同じでいいんじゃないかと」と言うとおり、大雑把に作品を説明するなら「1」と変わらない。手を握りにいく男の物語。
なにせ原作「海猿」の描き手は、成長しない新米医師の物語として名高い「ブラックジャックによろしく」(特に限定されたスパンで話を終結させないといけないテレビ版がそうであった)の佐藤秀峰。それもありかなと。
しかし、本作における主人公、伊藤秀明演じる仙崎大輔が実際に成長していないということはないし(本質的なところは変わらないが/このあたりのスタンスは『踊る大捜査線』の青島刑事のほうに近いか)、時間は大きく経過している。アプローチの仕方も異にする。

前作『海猿』では、訓練生として潜水士となるまで、冒頭で彼らの若さ、無鉄砲さが強調され、後半でひとつの事件を通して一気に一人前の潜水士となる変化を描ききったが、本作では観客の心の準備を経ずに一気に事件へと突入する。そのわりに、そのあと事件内でのイベントフラグが些か少ない気もするのだが、それをまったく飽きさせないで見せきるのは監督の手腕か。

本作から『ポセイドン・アドベンチャー』『アポロ13』『バックドラフト』『タイタニック』『ダイハード』など、昨今の名立たる、ハリウッドのパニックアクションを連想させるのは簡単だ。それら素材をどうリミックスして新たな作品に仕上げるか、その手法に対する是非は毎度上がるが、観客の胸の多くを掴み、作品が持つ力、メッセージが充分なものであればなんら問題ないはず。フジテレビと東宝のタッグで近く始まりを探すなら『踊る大捜査線』からであり、その成功を受けての正統な二代目がおそらく『海猿』だ。
特徴として、クライマックスの連続。特に本作は事件突入があまりに早いので、これひとつで残りの時間を乗り切れるかと勝手な心配もしたが、余計なお世話であった。
大型フェリー「くろーばー号」座礁を発端に、沈没へと刻一刻と悪化の一途を辿る事件は、息つく暇もなく、緊張の連続。ただ、言葉通り緊張が寸断なく続くのであればそれが平均値となり、見せ場が見せ場としての機能を果たさなくなり作品としての面白さは半減するのは当然のこと。本作でそれを感じさせないのは、細かく緩急、もしくは静動がキレをもって機能しているため。
動が、フェリー内に閉じ込められ脱出を試みようとする仙崎や、佐藤隆太演じる、(大輔のバディでもある)潜水士・吉岡ら取り残された四人であるなら、静はいたたまれぬ、動くに動けないもどかしい思いを抱えたままの、ほかの潜水士、対策本部の面々、そして加藤あい演じる、仙崎の恋人である環菜。
急が、閉じ込められたフェリー内での四人の命懸けの脱出と、緩は時折挟まれる四人の、笑いをも含んだ息をつかせるやり取り。
手に汗を握るだけでない。息を呑み、悩み、切なく、笑い、息吐き、吸う。そして願う。渾然一体となり、作品は「1」と同じく、ひとりの手へと向かう。
特にうまいのは、フェリー内で起こる肝心な部分を隠し、観客をフェリーが沈没して行く様を、ただ手をこまねいて見守り、残された仙崎たちの力を信じるしかないフェリーの外にいる者たちと同化させることにとことんこだわること。そこには、付け入る隙のない、ただ信じることだけが残されている。
逆に、そこにいる浅見れいな演じるテレビ報道局員をもう少しうまく使えば、多くのエキストラを配した一般市民まで取り込み、さらに世界は広がったのだろうけれど。ただ、そこまで望むのは高望みであり、また別の見方をするのならば、彼女を配することはさほど意味がなかったと言える。(彼女と、荒川良々演じるディレクターに妙に存在感があるので)

本作は一応の完結編を謳ってはいるが、続編の実現の可能性は、望む声が高くなれば充分にありそう。少なくとも『踊る大捜査線』に比べれば、やり易かろう。監督も言外に匂わせているところもあるし、伊藤秀明ほか主要面子も、引っ張り出すに容易そうであるし。
まだ、終わらない。終わらせたくない。

にしても、環菜の「チェックイン」には負けた…。
posted by やすゑ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(9) | 映画 (ら) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17511990

この記事へのトラックバック

海上保安庁から表\彰されもした映画「海猿」の興行成績が良いらしいです
Excerpt: 話題のニュースを追いかけていますが、映画「海猿」の話題がすごいので、思わず見に行きたくなりました。内容にはなるべく触れないようにしました。
Weblog:
Tracked: 2006-05-07 23:44

海猿 LIMIT OF LOVEぅ〜
Excerpt: 東京厚生年金会館で行われた海猿三作目の試写会に行ってきました。 ここで、ちょっとおさらい。 第一作『海猿』は広島県呉市の海上保安大学校。ここで行われている潜水研修が舞台だったね。 俺も呉..
Weblog: ナイス旦那日記
Tracked: 2006-05-08 00:57

『LIMIT OF LOVE 海猿』
Excerpt: 感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]       5/6公開  (公式サイト) (Promotion Diary) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 笑い度[:ラッキー:][:ラッキ..
Weblog: アンディの日記 シネマ版
Tracked: 2006-05-09 00:38

LIMIT OF LOVE 海猿
Excerpt: 定石通りで楽しめた反面,薄いドラマに不満も残る。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-05-09 10:35

LIMIT OF LOVE 海猿 <ネタバレあり>
Excerpt: オールナイト上映で早速観に行ってきた。深夜にもかかわらず 映画館はほぼ満席でビックリ(゜O゜)/鹿児島までウエディングドレスを持ってやってきた環菜。 女なら分かるやんな この気持ち。せやのに大輔のあの..
Weblog: HAPPYMANIA
Tracked: 2006-05-12 00:41

■LIMIT OF LOVE 海猿
Excerpt: 海上保安官の仙崎大輔(伊藤英明)は、鹿児島・第十管区に異動となり、機動救難隊員として海難救助の最前線で働いていた。恋人の環菜(加藤あい)とは遠距離恋愛中だったが、結婚話も持ち上がっていた。そんな..
Weblog: ルーピーQの活動日記
Tracked: 2006-05-18 00:21

「海猿LIMIT OF LOVE」“守りたいものがある”、合格の娯楽作
Excerpt: 「海猿LIMIT OF LOVE」★★★☆ 伊藤英明、加藤あい主演 羽住英一郎監督2006年 前作では訓練の大変さと 目指す仕事の覚悟のようなものを 確かめた主人公。 今回は訓練に..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-05-31 09:40

映画「LIMIT OF LOVE 海猿」
Excerpt: 原作:佐藤秀峰 原案・取材:小森陽一「海猿」(小学館 ヤングサンデーコミックス) 脚本:福田靖 音楽:佐藤直紀 監督:羽住英一郎 製作総指揮:亀山千広 出演:伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、..
Weblog: 渋谷でママ気mama徒然日記
Tracked: 2006-06-28 07:19

LIMIT OF LOVE 海猿(DVD)
Excerpt: 愛でしか、救えない。
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2007-02-12 15:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。