2006年05月07日

『海猿』

海猿.jpg

『海猿』 ★★★★☆

公開当時である夏、先に観た、『デイ・アフター・トゥモロー』が納涼にちょうど良いとしたら本作は真逆。夏に、さらに暑さを増す、情熱をストレートに表現した作品。
今どき日本映画では珍しいくらいだが、このあたりのシェアはハリウッド映画がしっかりと握っているので、今回本作に出合い、ああ日本映画に近頃このジャンルがなかったな、と気付くくらいである。また、『踊る大捜査線』のスタッフが作り上げていることから、その路線と言えなくもない。要するに、ストレートな熱血(青春)モノであり、エンターテイメント性溢れる一品。

前述した通り非常にストレートな物語、アプローチであるのだが、前半と後半とではまったく違った向きにベクトルが向いている。
前半は青春群像劇の趣で、バカバカしいまでの真っ直ぐさをバカバカしいまでに一生懸命やる。それが周りにはどれだけ奇異に映ろうとも。言い換えるなら、その体育会系な一生懸命さが突き抜け、可笑しさを醸し出す。特に水槽での素潜り対決や、訓練での鬱憤を晴らすかのように獣と化して街中へと散っていく姿など、その真摯な眼が逆に笑いを巻き起こす。
体育会系のノリに、中に入ってしまうと半ば付いていけないところもあるけれど、こうやって客観的に見るのは大歓迎だ。そんな立ち位置を認識させ、まさに自分と同じく重ね合わせることができるのが、加藤あい演じる、介護のため休職してまで田舎に戻ってきているヒロインの環菜。こうして客観視できる対照的な冷静な立場を置くことで、彼らをより際立たせることができるし、また観客が同一視できる人物を置くことにもなる。このあたりのバランスはうまい。常道ではあるけれど。

ただ、後半の展開は、よりハリウッド的になり過ぎているかなと。真っ直ぐに、見慣れた同じ形として。比較に上げられる作品として真っ先に、デ・ニーロが出演していた『ザ・ダイバー』が上がるが、もちろんまったくに同じであるはずはない。ただベクトルやトーンは同じ。その真っ直ぐさを、クサいと思わせるまでに昇華させてしまっている。このあたりクサさが、クサさとして残ってしまうのが、日本映画としてこのタイプの作品が熟練していないところで、もう一呼吸置いてくれるとありがたかった。

冒頭に挙げられる「タッグを組み海中へと潜り、ひとりが海中深いところで身動きできない状況で、ひとりが戻れる分しか酸素残量がない場合もうひとりはどうするか?」という問い掛けにも、あまりにもストレート過ぎる。優等生過ぎる答えしかできないのが惜しい。
もちろん、それに相応しい満足と、続く感動は当然あるのだけれど、一方でもうひと捻りあったら、と思う。
ただ、これは観終わってから冷静になって思うことで、実際には最初から飛ばしてくれるので作中にはすっかり嵌まり、その時々はただ手に汗握っている自分がいたりするのだけれど。
posted by やすゑ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 (あ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17511759

この記事へのトラックバック

海猿 LIMIT OF LOVEぅ〜
Excerpt: 東京厚生年金会館で行われた海猿三作目の試写会に行ってきました。 ここで、ちょっとおさらい。 第一作『海猿』は広島県呉市の海上保安大学校。ここで行われている潜水研修が舞台だったね。 俺も呉..
Weblog: ナイス旦那日記
Tracked: 2006-05-08 00:59

LIMIT OF LOVE 海猿☆独り言
Excerpt: ほんっとは公開した昨日観るつもりだったけど 『LIMIT OF LOVE 海猿』 バイトが終わったその後で・・・TOHOシネマズの状況見たら すでに夜の回まで・・・空席がない^^;;; ..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2006-05-08 06:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。