2006年05月06日

『チェケラッチョ!!』

チェケラッチョ.jpg

『チェケラッチョ!!』 ★★☆☆☆

思い描いていたほどに酷くはなかったが、客(ターゲットとなる若年層)を呼ぶに安易な記号、発想が透け過ぎている。だから作中の彼らがいくら熱くなろうが、常に冷静な自分を認識できるため世界に浸かれる瞬間は訪れない。

今どきの若者を中心に据え、彼らの周りに起こる騒動を描きつつ、核心で爽やかな青春劇、純愛を描く。今時の若者を描くに分かりやすい記号を描き、同時に純朴な彼らを描くともなると、それこそ分かりやすく、振り切れれば『Deep Love』にでもなるのだろう。
しかしここで「沖縄」というフィルターが役に立つ。沖縄という風土が持つ緩やかさ、奔放さが“今どき”“純朴”と反発し会うことの多い記号を、ファンタジーに振り切れることなく成立させる。(『Deep Love』は明らかにファンタジー、もしくはコメディ)
そういう意味で、おそらく安直に浮かんだ“沖縄”という記号の選択は予想以上、もしくは予想通りの効果をもたらしている。が、市原隼人演じる透はじめとする沖縄弁に違和感が強い。主要キャスト4人がひとりとして沖縄弁を生来持っていないことを指摘するのではない。実際に正しい方言を使えているかどうかを指摘しているわけではない。もちろん、役者たるもの作品に合わせ自らを変貌させねばならないと思うが。
近い年代の若者を描き、方言が重要なキーワードとなった『きょうのできごと』『スウィングガールズ』に違和感…というより嫌悪感がなかったのとは対照的に、彼らの発する沖縄弁に嫌悪感がある。そこにある軽さ、からだ。

作品のターゲットとなる年代から求められるのは“格好良さ”だけ、他は何をやっても許される市原隼人についてはこれ以上語ることはしないが、彼らの幼馴染である、柄本佑演じる暁、平岡祐太演じる哲雄、井上真央演じる唯は好感。ただ、透の憧れの人、渚を演じた伊藤歩はミスキャスト。本作でなら本来彼女が演じるは、透たちの側でしょう。『きょうのできごと』での彼女がそうであったように。
と、それだけが原因ではないが、実際、透の渚への恋心は、この年代が持つ大人の女性への憧れ、の平面的なイメージ以上に力を持ち合わせない。
そもそも彼が、彼女への熱い想いを一手に曝け出す場としてあるクライマックスのライブに力がない。というよりも、本作のキーワードであるラップに想いが全くに乗っていない。音楽を中心に据えた作品で、作品と切り離してさえ武器となる音楽にこれほどに力がないのはラップというもの自体、言葉に重さが必要とされるからか。例えばこれがスタンダードであるなら語らずとも曲の持つ歴史が語ってくれるだろうから。
透自身の想いは当然の如く歌詞に乗っていない。彼の歌う歌自体に問題があるわけではない。彼のそれまでのふざけた様を見、その彼が曲に想いを乗せたにしては美辞麗句、彼のパーソナリティからは到底出しえない言葉が続くため。もっと下手くそでいい。乱雑でいい。格好悪くていい。が、彼に求められた“格好良さ”がここで枷となる。普段、能天気でありながら締めるときは締める。そう持って行きたいのは分かる。分かりすぎるがゆえに“ねじれ”も分かり易過ぎる。ラップに乗せた言葉に近付くには彼は能天気過ぎたし、彼を表現するには奇麗過ぎた。

ただし、徹底してターゲットとなる若年層に媚びた作りは感心したもの。主要キャストに加え、玉山鉄二、陣内孝則、ガレッジセール、KONISHIKIと、彼らにとって豪華と分かり易いキャストを集め、一方で、(ミスキャストではあるが)伊藤歩、平田満、松重豊、と実のあるキャストもそつなく配している。
監督、プロデューサーとテレビ畑にどっぷり浸かった者らしくマーケティングは完璧。実際に客は呼べているよう。ただ、あまりにも安直さが透けているだけ。このマーケティング力が今の日本映画の隆盛を作る一翼を担うことを否定はしないし、その中に佳作もある。がしかし、監督に個性でなく万能さが求められ作家性に頼ることない以上、せめて物語に頼った作品を仕上げてもらいたい。記号だけであとに何も残らないものは、要らない。
posted by やすゑ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 (た) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。