2006年05月31日

『嫌われ松子の一生』

嫌われ松子.jpg

『嫌われ松子の一生』 ★★★★★

中島哲也、『下妻物語』公開時、「武器全てを使った」に近いことを言っていた。
しかし、まだ隠し持っていた。否。使う武器は基本的に変わらない。
中島哲也、渾身のフルスイング。ファイターズの小笠原ばりに。
いや。
まだ強く振れるのか? 彼が武器を惜しげなく使ってまだ二作目。
だとしたら恐ろしい。

幼少時代、厳格な父に物静かな母。時代をそのまま反映した家庭に生まれた松子。
厳格だけれど大好きな父は病弱な妹に構いっきり。なかなかに自分は構ってもらえない。このあたりは、主観的にそうであることを語るだけで客観的にどうであったかは語れない。得てして、父親からすればそうではなかったりもするのだが、ここでは言及されない。
(ちなみに幼少時代の松子を演じているのはドラマ「ちびまる子ちゃん」でまる子を演じた奥ノ矢佳奈。まる子の成長した姿でコメディアンを演じた木村カエラが本作ではそのまんま人気歌手なのが面白い)
以降、松子の主観性は半ばなくなり、彼女の存在は常に他人の口から語られる。もちろん、彼女の存在、主張は半端なく感じるのだけれど、思いがない。彼女の生き様がひとり歩きしていくのに対し、幼少の時分の松子がより主観的なのは意図したものなのだろう。だから、観る側も語り部たる、瑛太演じる笙と同様に彼女を深く知ろうと欲する。
終盤、彼女が再び主観性を取り戻す。彼女のリアルな存在がまったくないに関わらず。そこで彼女が接しているのも“家族”だ。

父親に構ってもらいたい。構ってもらいたい一心から生まれた健気かつ笑わずにいられない涙ぐましい努力。しかし報われない。
成人となった、中谷美紀演じる松子は中学校の教師となる。堅実な家庭に生まれた彼女はそのまま堅実な人生を送るかに見えた。
が。
ひとつの事件を機に人生は一変する。転落人生。それは加速度的にスピードを上げ、結局スピードを緩めないまま、人生を終える。
悲惨。と、ひと言に片付けることもできるかもしれない。“裏切り”、“満たされぬ愛”、“殺人”、“不倫”、“引きこもり”…悲惨と感じる記号は至るところにあるし、実際、端的に彼女の人生に接したらその想いは強く残るはず。
だが一方で、“生真面目な女教師”だったり、“ソープ嬢”だったり、“ヒモから離れられない依存女”だったり、“怪しげな隣人”だったり。それら記号を掬えばそれこそ作中ドラマに度々登場するありきたりな「2時間サスペンスドラマ」で、主役どころか脇役にもなれず、ワンシーン登場するだけの日の当たらない登場人物の顔も持ち合わせる。実のところスポットの当たらない人生。

しかし。
松子が幸せに見える。偽りなく。映像は偽りだらけなんだけれどね。
原色に彩られた毒々しいほどまでに華やかな映像の中、彼女の一途な思いに、満たされた顔に、錯覚を起こされているのは事実。だが、心の底で彼女を羨む自分が確実にいる。
「人の価値は人に何をしてもらったかじゃなくて、人に何をしてあげたかだよね」
よく言われる「愛は与えるもの?与えられるもの?」に近い。この問いに対する模範解答も建前も、厳然たる事実もどうでもいい。ただひとつ、彼女が与え続けたもの、与え続ける姿に、価値を感じることができる。与えてもらいたいと願いつついるばかりで、何も与えていない自分だからこそ。

前述した通り、記号だけ切り取れば、ひと言悲惨と言うのは簡単。彼女の人生を人づてに聞いたならばひと言、転落人生と片付けるかもしれない。
しかし、ノンストップに思慮浅く、間違った道を驀進し続ける彼女は間違いなく幸せだ。だから、ひと言には片付けられない。
本作…映画というある種の夢世界で彼女は輝き続ける。
確かに「ひとりは寂しい」と呟く姿にぎゅっと心が締め付けられることもある。
40歳を過ぎて引き篭もる姿に痛々しさもある。
そして、彼女の人生の幕引きとなる事件の真相には、切り裂かれるような痛みと、空虚な想いが伴う。これこそ救いようがない。
けれどそう思えるのは、彼女が少なくともそれまで幸せな人生を歩んでいたという証明にならないだろうか。幸せだったからこそ、最後の死に関わる事件とのギャップに、切り裂かれるような痛みを感じのじゃなかろうか。

加え、松子の甥たる笙の存在。
松子と直接的な接点はほとんどない。ないからこそ、きっかけとなる一枚の写真に当然のよう惹き込まれ自然と松子の人生を追うようなる。
無職。付き合っている彼女にも冗談のような理由で別れを告げられる。今時の若者。埋没した個性。ニュートラルな、無色透明な存在。自分を何色かに染めたいとは思う。でも思っていることすら気付いていないのは珍しいかも。だからこそ、個性しかない松子に無意識に、無性に惹かれる。
「(松子)おばさんのこと、神様だと思う」
これ以上の羨望…、いや想いがあるだろうか。観る側の立場を代弁する彼もまた心底、松子に憧れる。
もうひとりのキーマン、黒沢あすか演じるめぐみ。
彼女と、松子の戯れる姿がどれほど眩いことか。また、彼女の口から紡がれる松子の物語にどれほどの愛が溢れているか。男前っぷりには本当頭が下がる。笙も役得。これまた羨ましい。
松子と血の繋がりはあるが、生と死と隔たれた遥か遠い場所にいる笙。松子と血の繋がりはないが(文字通り)最も幸せな時期を共有し、強く精神的に結びついためぐみ。
めぐみに出会うことで、笙は精神的に松子に近付く。笙をフィルターにして観る側も松子に近付こうとする。

「“幸せ”なんて人それぞれ」
言い尽くされた陳腐な言葉も、松子に近付いてこそ重みがある。

蝶が舞い、踊り、月が喋り、天への続く階段を歩く。原色に彩られた世界はあたかもファンタジー世界かのよう。まあ、あまりに毒々しくあるので子供に向けられるようなファンタジーでないのは確かだろうけれど。
ただ、彼女の救いような華やかに人生を彩るのはこの映像に他ならない。ほんの小さな幸せに蝶が舞い、夕焼けを川べりから臨む彼女の後姿には哀愁と、仄かな愛らしさが同居する。結果裏切られることとなっても、そこに至る彼女の満ち足りた顔。
これが映画なんです。
どんな人生だろうと、人も羨むほどの人生へと(一時であろうと)転化させる魔法。
映像による嘘でもいい。でも、嘘こそが映画の持つ最大の武器。魔法。
嘘から生まれる真実だって、真実から生まれる真実以上にあったりするんです。

派手な映像に彩られるだけでない。半ばドキュメンタリーに近いトーンで彩られる、松子とめぐみの、友情を育むシークエンス。フラッシュバックで語られる松子の人生。彼女の幸せはこんなにもあったのだよ、と分かりやすく教えてくれる。
そして気付かされる。
彼女の求めた愛はいつでもあった。家族から。

ところで本作、明らかに『風とともに去りぬ』を意識。そういやスカーレットと松子って多分に被らない?
端的にいえば、アメリカのシットコム(本当、端的)、『ウエストサイド物語』などクラシックな趣がところどころ窺える。刑務所の場面は『ダンサー・イン・ザ・ダーク』。根底に『風とともに去りぬ』を置きつつ、新旧のミュージカル良いところ取り。
と言えるよう、音楽の使い方が抜群にうまい。時代を反映させた昭和歌謡から、BONNIE PINK、カエラ、AIら流行最前線の曲も見事溶け込ませるセンス。でも一番に心打たれるのはやはり「まげてのばして」なんだけれど。こればかりは作品の最も力強く確かなところに使われるのだからしょうがない。そして、最も力強く確かな存在である松子。を演じる中谷美紀。ジャンルを超えた芸達者が集まる中でまったく負けない恐るべき存在感。今さら自分が言うまでもなく、彼女の全てがまた注ぎ込まれている。
posted by やすゑ at 00:57| Comment(7) | TrackBack(0) | 映画 (か) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。