2006年05月10日

『ロボコン』

ロボコン.jpg

『ロボコン』 ★★★★☆

冒頭、長澤まさみの舌足らずな感じと、オープニングタイトルの安っぽさ(狙い?)を見た時、正直ダメか…と思ったけれど、これがこれが。
比較されることの多い『ウォーターボーイズ』『ピンポン』とは、一風変わった青春時代を切り取った点では似ているが、演出はじめ他は全く違うベクトル、印象。
何よりも先ずロボット製作に頑張る4人が陰の方向にオーラを発していること。先に挙げた二作が結局はスポ根であり、いくらヘコもうとそこにはスポーツが持つ陽のオーラがあった。対し、こちらは理数系の青春映画、という惹句からも分かるとおり、インドアにありがちなイメージが付きまとう。良し悪しはともかく、それは演出にも実際のロボコン風景にも顕著で、総じて地味と言って良いかもしれない。
しかしそれが却ってウソのなさに通じるから不思議だ。

『ウォーターボーイズ』『ピンポン』にはある意味、青春を飛び越したウソがあった。別に否定的な意見でなく、それがそれら作品の面白味に繋がった。青春という名を借りたフィクション。もちろん強く共感した人もいるのだろうけど、どうしても自分を重ねるに難しかった。
しかし『ロボコン』は違う。
近い。自分が工業高校出身だから感じる身近さも当然多分にあるのだろけど、それを差し引いたとしても青春時代、普遍である何かがある。
例えば、ロボコン決勝前日。仲間で夜遅くロボット製作に力注ぐ合間、夜食のラーメンを皆で啜る風景。里美が言う。
「今日がずっと続けばいいね」
ありきたりな風景、と捻くれたことも言えるのだけど、これである。これぞ青春。青春という文字から想像できる青さや懐古とは違う。自分が確実に過ごしてきた、自分の一部と化して決して色褪せない風景。
このシーンに集約されるように、全編通して描かれるのは、仲間と、ひとりひとり力を合わせ、結束し、何かを成し遂げる至福の時間。瞬間。
派手さはなく、観客を煽る演出もなされていない。狙いか、はたまた天然かは分からないが、下手すれば抑揚をなくした演出は人の心に素直に入り込み、深くを抉る。
なぜかエンディング曲だけが妙に弾けているのだが、これは彼らが身体を使って表現するだけでは足りない心の爆発を表現した結果…と好意的に解釈しておく。

四人の仲間、それぞれが生きた、ひとりとして欠いていけないという思わせる脚本も見事。決して奇を衒っていないのだけど、それが却って昨今では新鮮さをましたかもしれない。

演じる、ムードメーカーで映画の主役である里美に長澤まさみ。前述した通り、冒頭舌足らずな感じで甘ったるく演じてこられた時にはどうかと思ったが、彼女の成長とともに生まれる真摯さと混ざり合い大いなる魅力になるから不思議。
小栗旬、伊藤淳史、塚本高史ら三人もそれぞれの役割を確実にこなしている。特に伊藤淳史の優柔不断さが好きだ。存在は薄いけれど、決して欠いてはいけない微妙な存在をうまく表現している。
posted by やすゑ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 (ら) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。